葬儀を行い故人を送り出す【天国へのメッセンジャー】

お葬式

葬式はコンサート

お布施はいったいどれくらいかかるのか

葬式

葬式にかかる費用といえば葬儀費用はもとより遺体にかかる費用、たとえば霊柩車代やドライアイス代、はたまた棺桶代やその中に入れる花代など数えきれない費用が掛かるものです。ほとんどは葬儀屋にお任せで安心して葬儀を上げられるのですが、気にかかるのはお寺へのお布施ですね。いったいいくらぐらいが相場なのでしょうか。一般的に仏教でいえば二仏二役あるいは二仏三役といって、導師さんと副導師さん、それをお手伝いする役僧さんという形で葬儀が執り行われます。 さてどれぐらいのお布施を差し上げればいいのでしょうか葬儀屋に聞いてみますと七.五.三の法則ですというわけです。つまり導師さんに七万円副導師さんに五万円役僧さんにそれぞれ三万円ずつというわけです。お布施だけで十五万円から二十万円かかるわけです。これが高いのか安いのか私はわかりませんが覚えておくといいかもしれませんよ。七五三の法則

葬儀はお寺のためか遺族のためか

宗派によっては葬儀というものは一種のコンサートに過ぎない、お客様が来てくれる一種のセレモニーに過ぎないという考え方があります。それは死亡した時点でその人は仏弟子になっているので葬式自体が必要ないというのです。ですから葬式をコンサートにたとえたのでしょうね。でもそのイベントを行わないとお寺へのお布施ができず、お寺へのお布施の支払いもできません。葬儀とお寺の関係は切っても切れない関係なのではないでしょうか。 葬儀やその他に付随する宗教儀式等で、お寺は利潤を得るわけですからお寺にとっては大変重要な儀式になるわけです。お布施をすることにより満足する遺族とお寺の関係まるでシーソーのようでとっても微妙な感じですね。