葬儀を行い故人を送り出す【天国へのメッセンジャー】

お葬式

シンプルな葬儀

近年増えている家族葬とは

葬儀

近年では、葬儀スタイルとして家族葬を選択する人が増えています。この家族葬とは、身内や親族などごく内輪だけで行う葬儀のことです。 なぜ増えているかというと、無駄な出費を抑えるためです。一般的な葬儀だと色々な費用が嵩み、莫大なお金がかかります。家族同士で簡素に行うことで、お金を節約できます。 その他にも、高齢化も一因と考えられます。退職してから亡くなるまでの期間が長くなって、故人の職場関係者、友人などの参列が減ってしまう傾向にあります。それで、自然に内輪だけのシンプルな葬儀となっています。 この家族葬のメリットは、マナーにとらわれず、故人が好きだった音楽を流したり、家族全員でゆっくりと語らいながら故人を偲ぶことができることです。今後も需要が高くなるといえます。

葬儀で出席拒否された場合の対処法

近年では、近親者のみが集まって故人を送り出してあげる家族葬が増えています。それに相まって、近親者のみで行いたいという理由で大事な知人の葬儀の参列を拒否されることもあります。 この時には、双方満足行く対処法があります。まず一番やってはいけないことは、無理に参列することです。喪主というのは、大切な人を亡くして心身ともに疲れている状態です。自分の都合で押し掛けると、大変迷惑になります。 正しい対処法は、「後日、お線香を差し上げたいのでご連絡ください」と伝えることです。すると、相手もこちらの都合に合わせて取り計らってくれます。指定された日に、香典を持参してお参りします。服装については、葬儀ではないので落ち着いた私服でいいです。